excitemusic

オーストラリア大学院留学日記
by yoshi_taka1009
ICELANDia
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

就職活動終了

就職活動が終わった。長かった。一ヶ月日本に帰国し、毎日会社を回り続けた。
30社にエントリーしたのだが、エントリーシートで切られ、筆記で落ち、面接でも落ち続けた。
想像以上だった。ランクの高い会社であったせいもあるだろうが、自分の無力を痛感した。面接で落とされるという事は半分人格否定されたようなもの。人生で一番落ち込んだかもしれない。

それでも一社だけ内定をくれた。自分としては第一志望群の政府系金融機関からの内定だったので、嬉しかった。農家や漁師に融資をする政府の銀行。地方の支店に行き、田舎へ車で審査に出かけて行く生活が続くらしい。三年ごとの転勤も条件。でも、自分が環境や資源経済学を勉強してきたので、丁度専門にも合致しており、自分に向いている気がする。給料はそんなに良くはないが、その分福利厚生はあついのでとんとんだろうか。社宅も安い。農業や金融の専門知識も身につけられる。体が強くない事や人を押しのけていく性格でないことを鑑みて、両親も祖父母も大賛成。僕もいいと思う。

ただ、国際経済学者であるゼミの先生は大反対。農業を保護すると自由貿易が阻害されるから。それから、小泉政権下で小さい政府を目指す以上、そういった政府系機関は縮小される運命にあるとの事。いや、まったくその通りなのだが、農業保護しないと、ただでさえ低い食料自給率が下がりつづけるし、農地の転用が認められていない現状では稲作放棄地が荒地にあり多大な環境問題を引き起こす可能性がある。

それでも、日本農業の国際競争力強化は必須の条件になっていくだろう。そのためには高付加価値だったり、農業法人化だったり、大規模化がキーワードになるが、当庫はそのための助けにもなると信じる。貿易政策にも、農業保護にも矛盾しない道を模索する事ができたら、と思う。
近い将来は農業融資のスキルをつけて、当庫の国際部門でアジアの農業銀行相手に技術支援をしていきたい。とはいえ、先の事はわからないので、とりあえず立派な社会人になりたい、と今は思う。
[PR]
by yoshi_taka1009 | 2006-04-28 23:50