excitemusic

オーストラリア大学院留学日記
by yoshi_taka1009
ICELANDia
以前の記事
2007年 05月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


今日、僕は卒業した

英語がわからず、落ち込んだ事もあった。

レポートの期限にせまられて、徹夜を繰り返した事もあった。

あまりのストレスで体を壊し、蕁麻疹に悩まされた事もあった。

人間関係がこじれて、勉強が手に付かなくなった時もあった。

就職活動に時間を取られて、単位を落としそうになった事もあった。








どんなにつらくても、いかなる状況においても、僕は前へ進んだ。

文字通り、歯を食いしばった。

そう、すべては卒業のために。

そして今日、僕は卒業した。

二年半の努力は、今日、この日のためにあったのだ。

そう思えるような、素敵な卒業式だった。







式では、ハリーポッター風の服を身にまとい、博士帽をかぶった。

「ミスター よしたきゃ、しみーじゅ」

英語なまりで僕の名前が呼ばれた。

僕はスタスタ歩み出て、握手を交わし、大学長から卒業証書を受け取った。

「おめでとう」

大学長の、ふいの一言は胸に染みた。

「ありがとう、おっさん」







卒業式後は、フェナーホールの友人達が笑顔で迎えてくれた。

思い出の場所に行き、何枚も写真を撮った。

クラスメイトとも最後の別れを惜しんだ。

今まで何人もの友人と出会いと別れを繰り返してきたが、まさか自分が見送られる側になる日が来るなんて。

少し信じられなかった。








だが、別れのさみしさと共に湧き上がる感情は、感謝の気持ちだけだった。

父、母、祖父母、今日までどうもありがとう。

フェナーの皆、お世話になりました。

クラスメイトの戦友達、サンキューべりマッチ。

そして、今日まで僕を応援してくれた友達の皆、本当にどうもありがとう。

励ましのメール、いつも心の支えでした。






有森裕子が銀メダルを取った時、

「自分を褒めてあげたい」

と言っていたが、

そんな感じです。

今日だけは、自分を褒めてあげたい。

人生で初めて全力を尽くしきった二年半でした。

我が留学に悔いなし。









明日、帰国します。
[PR]
by yoshi_taka1009 | 2006-12-14 22:56
<< 長い間、ありがとうございました。 オーストラリア大冒険5 >>