excitemusic

オーストラリア大学院留学日記
by yoshi_taka1009
ICELANDia
以前の記事
2007年 05月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


オーストラリア大冒険2

セントラルオーストラリア・ウルル編


せっかく豪州に来たのに、世界の中心で愛を叫ばないで日本に帰っても良いのか!!??そう考えた僕は、一人、アボリジニの聖地、ウルルへ旅立った。え?ウルルって、ただの岩じゃん。そう思っていた自分は浅かった。


結論から言おう。ウルル、ファンタスティック!


まず最初に、アボリジニ文化センターに寄った。僕はアボリジニアートが結構好きで、何枚か購入した。彼らの絵は独特で、点々を積み重ねて、カンガルーだったり、とかげだったり、足跡だったり、その土地でしかみられない物を対象に描く。中にはスピリチュアルな抽象画もあっておもしろい。また、アボリジニの人はいまだに採集をして生計を立てているので、そのために使う道具なども展示されていた。ツアーコンダクターがアボリジニの文化的差異についても話してくれた。僕らは普通目と目を合わせて人と話すが、彼らは横に並びながら談笑する、など、びっくりする話をたくさんしてくれた。


次に、ウルル周辺を散策した。アボリジニ文化保存のため、ウルル登頂はなるべく禁止されている。映画で骨の灰を撒くシーンがあるが、あれはアボリジニの禁を破って登頂しているのだ。アボリジニ文化に対して、かなりの失礼なのだ。そして危険極まりない。毎年、何人も登山中に亡くなっている。登山は出来ないが、ウルルの周りを日の出と共に一周して歩いてまわった。聖地であるため、写真を禁止しているところもあり、始めてみる光景に目を奪われた。特に、カエルの鳴き声が幻想的なムードを演出し、水が湧き出ている場所があった。聖地にも指定してあり、なんともいえない荘厳な雰囲気に包まれていた。写真や映像では決して描ききれない「何か」を感じさせた。途中、アボリジニ壁画や女性を祭る岩などもあった。岩の形から何かの動物を類推したりしているようだ。


オルガ郡系にも寄った。ウルルは一枚岩としては世界最大だが、連なる岩山としては、オルガの方がずっとスケールが大きく、印象的だった。日の入り時の夕焼けに映えるオルガは雄大で、気が引き締まる感じがした。元々、セントラルオーストラリアに来た理由は、地平線に沈む太陽を見てみたかったからなのだ。西に沈む太陽は空を真っ赤に染め上げていた。そう、空が燃えていた。あまりの美しさに、僕はその場に呆然と立ち尽くしていた。毎日この雄大な空を拝んでいるアボリジニの人々は、きっと知っているのだ。太陽の偉大さを。


この旅では、アボリジニ文化に相当触れる事が出来た事が嬉しかった。長澤まさみ、ではないが、彼らの自然に対する考え方などに興味を持つようになった。ウルルはアボリジニの聖地であり、精神的支柱である事の意味が、うっすらとだがわかったような気がした。彼らから学ぶ事は多い、それだけは確かだ。
[PR]
by yoshi_taka1009 | 2006-12-13 22:49
<< オーストラリア大冒険3 オーストラリア大冒険1 >>