excitemusic

オーストラリア大学院留学日記
by yoshi_taka1009
ICELANDia
以前の記事
2007年 05月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 03月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


十日遅れの誕生パーティー

b0008852_1513142.jpg




寮の後輩のHろという聖人君子が、吾輩のために十日遅れの誕生日パーティーを開いてくださった。あなたの有価証券、一万株ください。ホント、ナイスです。

そして、それは二年半の留学生活初!
日本人の、日本人による、日本人のためのすきやきパーティーだったのだ!

昔から寮内の日本人の交流があまりにも少なかったので、一度やってみたい企画だった。

和歌山県代表二人による味付けによって独特の関西風味が演出され、参加者六名はふるさとにっぽんを思い出しながら、涙ながらに箸に口をつけたのだった。




うまい、犯罪的に。




そして日本語に飢えた若き日本の男女達は、しばらくぶりの日本語による談笑に熱中した。

僕は、聞いてみた。




「今までで、一番印象に残っている誕生日は?」




「あたしー、実家の裏が禿げ山なんですけど、小三くらいの時、誕生日にそこで遊んでたんですよ。そしたらエロ本発見しちゃって。これは教育上、よくないぞお、と思ってビリビリやぶってたんですよ、ずっと友達と。そしたら夜遅くなっちゃって、親が心配して探しまわっちゃって、わたしが見つかった時にひっぱたかれちゃって。だから、今でもすっごく覚えてるんですよ、その誕生日の事」














、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。







真顔で言うので、かなり笑ってしまった。

やっぱり、この寮に来る日本人は昔からどこか変だ。

でも逆にそれが気に入っている。




パーティーでは、ケーキも出現。好物の白ワインも!

感無量。

ピアノを弾いてくれた子も。

感動の嵐。





僕のために集まってお祝いしてくれた事が、とてつもなく嬉しかった。

スマップ風に言えば、僕の胸のやらかい所を優しく包みこむ感じ。

あまりにもかわいすぎる寮の後輩達に、乾杯。
[PR]
by yoshi_taka1009 | 2006-10-20 15:02
<< 最後の晩餐 学科対抗サッカーバトル! >>